人事・労務のエキスパート、石川県金沢市の末正社会保険労務士事務所。人事・労務管理相談、社会保険労働保険手続き、紛争解決、組織活性、給与計算、人材適正検査まで、フルサポートします。

seminar

seminar

contact

ブログ

「人の才能」

2018年03月26日

今年の7月17日に50歳になりました。なんとなく感慨深いものがあるもんです。感謝を伝えたくて母親にネックレスをプレゼントしました。最近、人からよく言われることがあります。「末正さんって若く見えますよね!」って。で、「何歳くらいだと思ってたんです?」って聞くと「44、45歳くらい」って。「50歳とほとんど変わらないじゃん!」っていつも突っ込んでます。

息子も大きくなりました。高校2年生になり、先日は修学旅行に行ってきました。あっという間ですね。中学生の時の修学旅行は、大阪のUSJだったので、お土産にキャラクターモノのネクタイがいいなとお願いしたところハリーポッターが映画でしめているそのまんまのネクタイをもらいました。さすがに身に着けるのは恥ずかしくて大切にとっておいてあります。良い思い出です。もう少しで息子も家を出ていくんだなぁと思うとさみしいものです。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが今月、「天才の証明」という本を出しています。中田さんはさまざまな場面においてすごい才能を発揮している芸人さんです。その中田さんが「才能」について語っています。

「僕は常々、1つのグループや企業の中にいて合わないとか力を発揮できないと感じている人は、環境を変えるべきだ。フィットする環境さえ見つかれば、どんな人も誰にも負けない才能を発揮できるし天才になれる。そう確信しています。

ある場所で無能と呼ばれる人間が、ある場所では天才と呼ばれることがあります。もちろん、その逆も。天才物理学者のホーキング博士だって、漁船に乗れば無能です。彼に漁業はできませんよね。あまりにも当たり前のことなのに、多くの人は「これがルールだから」と自分のいる場所の評価基準でがんばってしまいます。」

東芝が「サザエさん」で48年間続けてきた番組スポンサーを降板しなければならなくなるほど経営が悪化していたり、神戸製鋼が検査データを改ざんしたり、相次いで自動車メーカーが新車の無資格検査が発覚したりと大企業の経営基盤が揺らいでいます。こういった大企業は、有名大学を出て入社することさえできれば、将来は安泰と言われてきた企業ばかりです。これまでの、一生懸命に勉強して良い大学に入って、良い会社に入ることに価値がありましたが、そうではなくなってしまったということなのではないでしょうか。他人の価値観で生きることに幸せがあるのではなくて、自分の価値観を大切にして生きることに意味がある時代になったように感じる出来事です。

あるお客様とお話をしていてなるほどと思ったことです。「ダメな社員を辞めさせたいときの話し方です。あなたはこんなところが出来ていないし、うちの会社に合っていない。だけど、あなたには他に良いところがたくさんあると思っています。他の会社では、良いところを活かして活躍できるかもしれないけれど、うちの会社にいる限りあなたはダメだと私は注意し続けなければいけない。それはお互いに不幸なことじゃないかな。」こんな話を面談でするそうです。経営者は、従業員を見るときにダメなところに目が行きがちになりますが、よく言われることですが良いところも見る必要があると話されていました。

松下幸之助さんは、「道をひらく」の中で、「この世の中は持ちつ持たれつ、人と人との協同生活によって、仕事が成り立っている。暮らしが成り立っている。この協同生活を円滑に進めるためには、いろいろの心くばりが必要だけれども、中でも大事なことは、おたがいにまわりの人の長所と欠点をよく理解しておくということである。」と書いています。暖かい心で長所を活かし短所を補うことが経営者にとって大切ということです。しかし、これからの時代は、人はイヤなことやしたくないことはしない、したいことだけやるという生き方もありそうです。

特定社会保険労務士 末正哲朗


カテゴリー:所長コラム

「身近に感じること」

2018年03月26日

うちの事務所に内容証明郵便が届きました。詳しくは書きませんが、ドキドキするもんですね。お客様には、普段は強気な話をしているぼくですが、自分のこととなると頭が回らなくなりました。おかしなもので、人の感情というのは、北朝鮮が日本を越えていく大陸間弾道弾ミサイルを何発撃っても何とも思いませんが、自分に直接、降りかかってくる手紙が一通届くだけで全く違うものなんだと感じました。不思議なものです。要するに具体的にイメージ出来ないものに対しては、反応したり、考えたりできないんですね。

 

10月には衆議院選挙が行われます。選挙戦では、社会保障についての議論も行われると思います。大学教授の権丈善一氏が「ちょっと気になる社会保障」という本の中で、国民の計数感覚について書いていますので、ご紹介します。

社会保障の財政規模ですが、社会保障には年間100兆円以上ものお金が使われています。年間100兆円と言われても、それがどのくらい大きなお金なのか、すぐには分からないですよね。

いま、1万円札を100万円分積み上げると、大体1センチの高さになります。とすると、1千万円は10センチ、10億円は1メートル。では、1兆円分の1万円は10キロメートルです。

1兆円は1万円札を積み上げて10キロというような規模感や計数感覚を持つということは、公共政策を考える上ではとても重要になるそうです。

選挙になると、「総予算の1割から2割くらいは簡単に切れる」「この政策に必要な財源は、○○から捻出します!」とか一生懸命に訴えますが、政治家、マスコミ、そして私たち普通の国民もその計数感覚をもっている必要があります。

権丈氏は、計数感覚に欠ける人たちは「政治主導」という呪文に弱いという弱点を持っているといいます。「官僚任せの政治から政治主導の政治で財源を!」という話をついつい信じてしまう。日本に蔓延している政府不信、官僚不信の源には、こうした「計数感覚」というのがかかわっていて、計数感覚というのは我々国民が、生活や社会保障を政治から守るために大切なセンスであると書かれていました。いかに身近なものに置き換えて具体的にイメージするのかが必要ですし、自分を守ることにつながりそうです。

 

こんな話を、美容室を経営されるお客様とお話ししていたところ面白い話をしてくれました。髪をカットするときは、男性と女性で喜ばれるポイントに違いがあるそうです。男性は、「全体的にこんなスタイルにすると似合いますよ」と先を見せてあげると喜ばれるのに対して、女性は「この部分の髪が跳ねないようにしておきました」のような感じでその女性の具体的な悩みを解決してあげたほうが喜ばれるそうです。

よくあるじゃないですか?男が、「将来こうしたい!こうなりたい!」と話すのに対して、その話を聞いていた女性は、「先のことばっかり言わないでよ!今日の○○はどうするのよ!」といった場面。

 

最後は、話がそれてしまいましたが、相手に何か伝えようとするときや理解してもらおうとしたときにはちょっとした工夫をするだけで大きな違いが出るようです。

特定社会保険労務士 末正哲朗


カテゴリー:所長コラム

「物事の捉え方」

2018年03月26日

年金の改革や介護保険に携わった元厚労省官僚の香取照幸氏の著書「教養としての社会保障」を読みました。すごくなるほど!と思ったのでご紹介してみたいと思います。

女性が働きながら家庭を築き、子供を産み育てられる社会の実現のために現在の政府の「働き方改革」が行われています。そこで、香取氏は書いています。これからの20年から25年後の生産年齢人口はすでに決まっているわけで、その厳しい条件のもとで、とにかくできる限りの経済成長を遂げるためには、できるだけ働き手を増やすことと、一人ひとりの生産性を上げる以外に方法はありません。そこで特に大事なのが女性の社会参加になります。でも、当たり前ですが女性の体は一つしかないんです。そんな女性に向かって、今の社会を維持するために働いてください、20年後の社会を変えるために子どもも産んでください、と言っているわけです。無茶ですよね。香取さんは「女性は犠牲者であり被害者とさえ言えます。問題があるのは男の側、より正確に言えば男性中心の社会、男性中心の企業、男性中心の家庭の在り方であり、女性をとりまく様々な制度や慣習の問題です。」と。さらに「私の理解では、『少子化』対策というものの考え方、問題の立て方自体を変えないといけないように思います。考えなければならないのは『少子化』ではなく、私たちの生活の基盤となる家族・家庭を支援すること、つまり『家族支援』なのではないでしょうか。」と。

英語には「少子化対策」という表現はないそうです。英語だけではなく、世界にはそんな表現は見当たらないということですが、日本が少子化対策でやろうとしている仕事と子育ての両立支援や保育所の充実、育児休業制度の拡充などのことを、英語では「ファミリーポリシー(家族政策)」とか「ファミリー・アンド・チルドレン・ポリシー(家族子ども政策)」と言うそうです。

先日、金沢工業大学の心理科学研究所所長の塩谷亨氏からポジティブ心理学について話を聞いてきました。その中で、塩谷氏によると「捉え方」が変わると「考え方」が変わる、物事をどう捉えるかによって考え方の発想に影響を与えることになると仰っていました。要は「捉え方」、つまり立ち位置によって、出てくる発想が変わる、つまり行動が変わるということになるのだそうです。

経営コンサルタントの小宮一慶さんは、「苦情処理」と「苦情対応」の違いをよく話をされます。お客様にとっての心の声である苦情を「処理」されたのではたまったものではない。お客様の苦情には、われわれは真摯に「対応」するべきではないですか、と話されます。言葉の使い方の違いではないかと言うかたもいらっしゃるかと思いますが、そこには大きな違いがあるのではないでしょうか。「苦情」というものを、どう捉えるかが大切です。「処理」というのは「物事を取りさばいて始末をつけること」だそうです。せっかくのお客様からのご意見である苦情を処理してはいけませんね。「苦情」には真摯に対応させていただくという気持ちが大切です。「捉え方」が違うと行動が変わり、そして結果が大きく異なることになります。

最近、気になることがあります。自民党の小泉進次郎氏ら若手議員による保育や幼児教育を無償にするための「こども保険」を創設する提言についてです。子どもたちのことを社会全体で支えるという考え方にはすごく賛成です。ただ、「保険」という言葉を使うことは反対です。保険というのは、そもそもリスクに備えるためのものです。死亡、障害、老齢など人が生きていくうえで抱えるリスクに備えるためのものが「保険」です。子どもを産むことはリスクなんでしょうか。というかリスクだと「捉える」べきではないんじゃないかと考えます。やろうとしていることは、すごく意義のあることなのにもったいない気がします。これも「捉え方」の問題です。

最後に、一億総活躍で女性や高齢者に働いてもらいましょう、という安倍政権の考え方は間違ってはいないと思いますが、男もがんばろうよ!と思ってしまうボクです。

特定社会保険労務士 末正哲朗


カテゴリー:所長コラム

夏季休業のお知らせ

2017年08月08日

いつもお世話になりありがとうございます。

誠に勝手ながら8月11日(金)~8月16日(水)まで夏季休業(お盆休み)とさせて頂きます。

8月17日(木)より通常営業となります。

ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします。


カテゴリー:お知らせ

「働き方改革」

2017年08月08日

最近、気づいたことがあります。毎日、手帳を見てスケジュールを確認しますが、それが楽しみになっていることに。手帳を見て「今日は、○○さんと会う日だ!」とか、「新規のお客様との打ち合わせが入ってる!」とか、「東京に出張だ!」とか。とにかく、手帳を見てうれしくなれるっていうのは、毎日が充実しているんだなぁと思えて幸せです。

そんなふうに、ぼくはなんて幸せ者なんだろうと思っていたわけですが、そこでまたひとつ気づきました。楽しいことが毎日、いっぱいあるのではなくて、楽しいことしかしていないんだと。要するにぼくはしたくないことをしていないだけであって、ぼくのしたくないことはうちの事務所の職員がやってくれているんだと。だから、ぼくには、楽しいことしかなかったということに気づきました。周りに助けてくれる人がいるということに、本当に感謝しないといけないですね。

シスターの鈴木秀子先生の話です。『私たちは日常生活をすごしていると、自分の欲のほうがだんだん大きくなってきます。「今のものではなくて、あれがあったらいい」とか「こうなればいい」とか、「まわりの人がこう動いてくれたらいい」とか、欲ばっかりが多くなってしまいます。そして、自分にいろいろしてくれた人のことを、つい思い出さなくなってしまうのです。けれども、今まで生きてきたこと、今も生きていられることを、思い起こしてみてください。何歳のときに出会った人でも、その人がそれまで一人で生きてきたなんて、あり得ないではありませんか。皆さまの中で、生まれてから今まで、たった一人で生き抜いてきたという人、ありますか。ある時、学生に「生まれてから今まで、たった一人で、自分だけで生きてきた人いますか」と聞いたら、一人だけ手を挙げた人がいました。私は、「あなたは一人で生きてきたんだ。偉いね。では、小さいときは、自分で冷蔵庫を開けてミルクを飲んだのね。」と言ったら、学生は「いえ、それは覚えていません」と言いました。』

さて、最近は「働き方改革」に取り組む企業が増えてきました。厚生労働省によると「働き方改革」というのは、一億総活躍社会の実現に向けての取組みで、女性も男性も、高齢者も若者も、障害や難病のある方も、一人ひとりのニーズにあった納得のいく働き方を実現するということが目的だそうです。電通事件からの流れで、企業では長時間労働を無くしたり、労働時間そのものを削減したりする取り組みが行われているわけですが、一方で企業の競争力を維持することも忘れてはなりません。働き方改革=長時間労働の撲滅ということではなく、そもそもなぜ長時間労働になっているのかを考えることが必要なことなのではないでしょうか。

長時間労働になっている会社の担当者に話を聞いてみると、まず間違いなく人が足りないという話をされます。労働力人口の減少が進みこれからは、状況は悪くなることはあっても良くなることはありません。であれば、人がいないことを前提に会社経営を考えないといけないはずです。

先日、日経新聞に載った記事ですが、従業員の離職や採用難を理由とする倒産が2017年上半期に49件となり、前年同期比で44%増えたそうです。調査を開始した2013年上半期の2.9倍にもなっているとのことです。帝国データバンクの加藤氏は「生産性を高めなければ人手不足倒産はさらに増える」と指摘していて、人材に対する投資ということが今後はますます必要となりそうです。

どうしたら社員の定着率を高められるのか、そして社員の生産性をどうしたら上げることができるのか。働きやすい職場作りということがポイントになりそうです。

7月の19日20日と盛和塾の世界大会に参加してきました。6名の方の経営体験発表を聴かせていただきました。ある発表者の方が、「目の前の社員が苦しんで仕事をしている姿は社長の責任」と話されていましたが、心に突き刺さる言葉でした。

特定社会保険労務士 末正哲朗


カテゴリー:所長コラム



  • access
  • cubic
  • blog

pagetop