人事・労務のエキスパート、石川県金沢市の末正社会保険労務士事務所。人事・労務管理相談、社会保険労働保険手続き、紛争解決、組織活性、給与計算、人材適正検査まで、フルサポートします。

seminar

seminar

contact

ブログ

「なぜ今でしょ!?なのかの話」

2013年07月02日

今回はプライベートなお話を少しさせていただきます。うちの息子がこの4月に中学校に入学しました。小学生のうちは、ゲームばっかりで運動なんて全く縁がなく、いわゆる運動オンチな子どもの典型でした。中学生になったら帰宅部だという息子に、私は絶対に運動部で身体を鍛えなさい話をしていました。

そんな息子が、「お父さん、ぼくバレーボール部に入ることにする!」って。そのバレーボール部は、全国大会で優勝も狙えるくらいに強豪なチームらしく、最初は、運動オンチの息子がついていけるのだろうか…と、ものすごく心配していました。そんな息子が「ぼくが3年生の時の全国大会は北海道なんだよ!」「今日は、チームのユニフォーム着て練習したんだよ!」って言うんです。私は、なんてスゴイ先生が指導されてるんだろうって思いました。運動が大の苦手だった息子を完全にその気にさせて、全国大会で優勝することを目標にさせ、しかも具体的にイメージまでさせてしまうなんて。

これは、会社の労務管理においても参考になるのではないでしょうか。なんのために今があるのかをイメージするのはとても大切なことです。先日、こんな話を聞きました。

 

建設現場で働く3人のレンガ積の男がいました。

そこを通りかかったある人が、彼らに「何をしているのか?」と尋ねました。

1人目の男は「レンガを積んでいる」と言いました。

2人目の男は「金を稼いでいるのさ」と言いました。

3人目の男は「町の大聖堂を作っているんだ!」と言いました。

 

1人目の男は、仕事を「作業」としています。

2人目の男は、仕事を「稼業」「職人」としています。

3人目の男は、仕事を「使命」として感じています。

 

3人目の働く意識は、大聖堂建設のため、町のためという目的です。目標はレンガを積むということですが、目的は違います。何の為に!ということが重要であって、つまり目標に意味、意義、使命がプラスされて目的になるのです。

 

松下幸之助さんの言葉に「なぜ経営をせねばならないかという、その『なぜ』がわからなければ、経営は成り立たない。」というのがあります。物事をなすときに、なぜ今があるのか、なぜ今なのかということを考える意味は非常に大きいのではないでしょうか。

こんなことも聞きました。多くの場合は、「What」⇒「How」⇒「Why」の順に説得・説明する。(「What」=自分のしている事 「How」=自分がしている事の手法 「Why」=自分のしている事の理由)しかし人を本当に動かす為には「Why」⇒「How」⇒「What」の順に考え、メッセージをしていくことが大切だそうです。何のための今なのかを考えることが必要なんですね。

 

息子は毎日、ランニングして、サーブの練習をしているそうです。全国大会出場のために。サーブなんて相手のコートに入りもしないのに…私はそんな息子を尊敬しています。

 

特定社会保険労務士 末正哲朗


カテゴリー:労務

若者チャレンジ奨励金

2013年05月13日

新規採用をお考えの事業主様に朗報です!!

35歳未満の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に、雇用期間を定めて雇入れ、自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)を組み合わせた訓練を実施することにより最大で460万円が助成されます!!

 

◆主な支給要件◆

・1か月あたりに換算した訓練時間が130時間以上であること。

・訓練期間は3か月以上2年以下であること。

・ジョブカードを作成し、それによって訓練受講者の評価を行うこと。

 

◆支給額◆

◎訓練実施期間につき1人1月当たり15万円(訓練月数×人数×15万円)

◎訓練終了後、正社員として雇用した場合1人当たり100万円

 

◆こんな方にオススメです!!◆

・新規採用を考えているが、いきなり正社員として雇用するには抵抗がある。

・実際に雇入れ後、自社内で実習を行っている。

 

※その他、細かい要件がございますので詳しくは東海林までお問い合わせください。

 


カテゴリー:助成金

平成25年度の新入社員は「ロボット掃除機型」

2013年04月23日

日本生産性本部が3月26日に平成25年度の新入社員のタイプは「ロボット掃除機型」と名付けました。

 

一見どれも均一的で区別がつきにくいが、部屋の隅々まで効率的に動き回り家事など時間の短縮に役立つ(就職活動期間が短縮された第一期生)。

しかし、段差(プレッシャー)に弱く、たまに行方不明になったり、裏返しになってもがき続けたりすることもある。能力を発揮させるには環境整備(職場のフォローや丁寧な育成)が必要。

 

ちなみに、

平成21年度「エコバック型」

平成22年度「ETC型」

平成23年度「はやぶさ型」

平成24年度「奇跡の一本松型」

となっています。

 

 

 


カテゴリー:日記

正規雇用労働者育成支援奨励金

2013年04月02日

教育訓練をお考えの事業主様に朗報です!!

医療、福祉、スポーツ施設提供、環境、情報通信分野等において、

雇用する労働者に対し一定の教育訓練を行った場合最大で500万円が助成されます!!

事業主が負担した訓練費用を、1訓練コースにつき対象者一人当たり20万円を上限として支給されます。

 

主な支給要件は、

・健康、環境、農林漁業分野等の事業を行っていること。

・6ヶ月以上の職業訓練計画を作成し、10時間以上の訓練(OFF‐JT)を実施すること。

です。

 

介護施設で職員研修をしたい、  環境関連の製品を製造している社員に技能研修を受講させたい、

という事業主様にオススメです。

 

※その他、細かい要件がございますので詳しくは東海林までお問い合わせください。

 

 


カテゴリー:助成金

ホームページ公開!

2013年03月19日

いつもお世話になっており、ありがとうございます。
本日、末正社会保険労務士事務所のHPを公開致しました!
合わせて、人材適性検査CUBICの特設サイトも公開しておりますので、
ご覧いただけると嬉しいです。
今後、FacebookやこちらのBlogなど、皆様にとって有益な情報や
事務所の横顔をアップ、提供して参りますので、
どうぞ旧倍のご愛顧のほどよろしくお願い致します。
末正社会保険労務士事務所
所長 末正 哲朗


カテゴリー:お知らせ

Pages14 of 14« 先頭...1011121314


  • access
  • cubic
  • blog

pagetop